• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

お仕立て 浴衣

睡蓮柄の男物浴衣/お仕立て 兵庫県西宮市 S.K 様

2020年08月04日

着物お仕立て&お直し.com、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございます7月に勝虫(かつむし)柄の男物浴衣のお仕立てをさせていただきましたお客様から、今回は、印象派を代表するフランスの画家クロード・モネの「睡蓮(すいれん)」を彷彿とさせる浴衣のお仕立てを承りました絵画の世界で「連作」というのは、同じモチーフに基づいて、一連の作品をつくることを言いますが、モネは睡蓮を何枚も描き、その数はなんと約250点とも言われています連作といえば、ゴッホによって描かれた、花瓶に活けられた向日葵(ひまわり)をモチーフとする7点の絵画は有名ですが、モネの250点は桁外れです

カテゴリー

過去の記事