• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

お仕立て 小紋、染め、色無地

染袷衣/解き洗い+お仕立て 大阪府南河内郡 H.K 様

2021年11月15日

着物お仕立て&お直し.com、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございます

お母様の染袷衣をお嬢様サイズにお仕立て替えのご注文をいただきました
解き洗いして、新しい裏地に替えて、一からお仕立てをいたしました「辻が花」は、その美しい呼び名の如く情緒豊かな染め技法です
肩から裾にかけて大きく染め分けられた、それぞれの辻が花は色数が抑えられているため、派手さは決してないですが穏やかで雅な世界観が広がります辻が花という名前の花は存在しませんが、とても詩的な響きです
その名の由来は謎に満ちていて、いまだに解明されていませんが、その昔、大変な人気を博した染め物の名前です一色だけでは、ただの絞り染めですが、花の色、葉の色など、色ごとに絞り染める、多色染めによって 「辻が花染め」 となります
それゆえに絵柄のモチーフや色選びにより、うっとりするような美しさが伴った染め物になりますロマンをかき立てる謎に包まれた 「辻が花」 という染め物が、より洗練されながら現代に受け継がれ、後世に継承されようとしていることは、日本人として誇らしく嬉しいことですね

カテゴリー

過去の記事