• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

お仕立て 洗い 訪問着、付下げ

胴抜き訪問着/解き洗い+お仕立て 香川県高松市 A.Z 様

2020年04月21日

着物お仕立て&お直し com、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございます
http://www.kimono-oshitate-onaoshi.com/お客様からのお問合せで「袷の訪問着を踊り用にお直しにしたいと思っています、比翼を取って、胴抜き仕立てにして、裄を1寸づつ伸ばしたいです、手が入る様に身八つ口も大きくして、繰越も少し大きく取りたいです」といった内容のご相談がございました
今回は「解き洗い+お仕立て」という内容で承りました着物は殆どが決まった形をしています・・・違いは袖が長いとか、短いくらいでしょうか
そして、それぞれ表の生地の種類はあっても仕立て方としては、表地に裏が付くか付かないかで袷と単衣に大別されますその中にあって「胴抜き仕立て」をご存知で、実際にこの仕立て方の着物をお持ちの方は少ないと思います
「胴抜き」とは読んで字の如く、胴になる部分に胴裏を付けないことですそして、胴抜きにする理由は何つかあります
1.暑がりで胸元をスッキリとさせたい
2.表地の生地が厚かったり固かったりで着にくい
3.胴裏を付けると厚ぼったくなってしまうのを避けたい
以上が理由として挙げられますが、袷として仕立てたけど何だか着にくいと感じた時は、胴抜き仕立てを一度経験してみては如何でしょうかそして「胴抜き仕立て」には二通りの仕立て方があります
袖を袷仕立てにするのと、単衣仕立てにする方法・・・それと胴部分に汗取りの胴裏を付けるのと、付けない方法があります
季節の変わり目に、袷から単衣に変わる短い期間に胴の部分だけを単衣と同じ状態に・・・また、単衣から袷に変わる期間にも同じ事が言えます
ある意味、季節の狭間に重宝な着物といえます

カテゴリー

過去の記事