• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

お仕立て 紬、大島、結城、上布

結城紬袷衣/通し裏仕立て 和歌山県 М.F様

2022年10月25日

着物お仕立て&お直しcom、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございますふっくらとした手触り・・・体が包み込まれるような優しい温もりで、着るほどに肌になじむ結城紬は、昔は「最初は丁稚に着させて、生地が柔らかくこなれてから店主が着る」とも言われました
着るほどになじむ「経年」を味わい、人生と共に歩む楽しみのある織物ですその結城紬を使って、少し珍しい「通し裏仕立て」のご注文を承りました
「通し裏仕立て」とは一枚の裏地で仕立てる方法で、フツーの着物に見られるような形の胴裏と八掛に分かれていません師匠から教わった話しでは、大昔の着物は「通し裏仕立て」で「引き摺り」として着用していたため、すぐに裾が切れたそうです
その対策として後に考案され、現在の着物の「胴裏+裾回し(八掛)」の形になったそうですお客様から支給された墨流し柄の裏地ですが、少し長さが短かったため、衿裏に白い布を足しました通し裏仕立てでは「袖口布」は付きません

カテゴリー

過去の記事