• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

寸法直し 男物 紋加工

男物紋付羽織/裄直し・紋替え 大阪府高槻市 S.A 様

2020年04月30日

着物お仕立て&お直しcom、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございます
http://www.kimono-oshitate-onaoshi.com/
「結婚式で、祖父の紋付羽織を着たいと考えているのですが、袖が短いため8cmほど出していただきたいのと、家紋の部分が黄ばんでいるため、キレイにして欲しいです」 というご依頼でございましたしかし、裄直しの縫込みを確認しましたところ、袖にも身頃にもありませんでした
このような時は、「割り布」を使った方法しかありません
割り布はどこから調達するのか?といいますと・・・ズバリ!衿の中から取り出します
まずは衿をほどいて、布巾を半分に切って、「割り布」を取り出したら、衿を再び付け直しますそして、袖を一から作り直すこと・・・「割り布」を使って、表は袖付け側で、裏が見えにくい袖口側で「割り接ぎ」をして布巾を広くします
これらの作業により、裄を8cmも長くすることが出来ました
裄がかなり長くなりましたので、たとう紙に入れるのは大変でしたが、何とか納まりました大きな富士山に、順風満帆の帆掛け舟、そして縁起物を一杯に抱えた伊勢海老を描いた、豪華な肩裏です

カテゴリー

過去の記事