• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

小紋、染め、色無地

ペイズリー柄の胴抜き着物/お仕立て 東京都 A.K様

2022年08月26日

着物お仕立て&お直し com、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございます

着物は殆どが決まった形をしています・・・違いは袖が長いとか、短いくらいでしょうか
そして、それぞれ表の生地の種類はあっても仕立て方としては、表地に裏が付くか付かないかで袷と単衣に大別されますその中にあって「胴抜き仕立て」をご存知で、実際にこの仕立て方の着物をお持ちの方は少ないと思います
「胴抜き」とは読んで字の如く、胴になる部分に胴裏を付けないことです
その中で胴裏を付けるタイプと、胴裏を付けないタイプの胴抜き仕立てがありますそして、胴抜きにする理由は何つかあります
1.暑がりで胸元をスッキリとさせたい
2.表地の生地が厚かったり固かったりで着にくい
3.胴裏を付けると厚ぼったくなってしまうのを避けたい
以上が理由として挙げられますが、袷として仕立てたけど何だか着にくいと感じた時は、胴抜き仕立てを一度経験してみては如何でしょうかペイズリー(paisley)は文様の名称ですが、元々は19世紀にイギリスのペイズリー市でこの柄の織物が量産されるようになり、模様は生産地の名前を取って「ペイズリー」と呼ばれるようになりました
日本では勾玉(まがだま)模様とも言われています

カテゴリー

過去の記事