• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

寸法直し 小紋、染め、色無地

あるスリムなお客様からのご相談

2016年08月21日

着物お仕立て&お直し.com、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございます

あるお客様から次のようなご相談をお受けしました
スリムな体形なので身巾は細く・・・裄が長いので肩巾が欲しい~
そして、胸元がダブつかないように抱き巾を狭くして欲しい~というご依頼でした

何軒かの仕立て屋さんにお願いしても、肩巾が長いため、腰上げ部分で身巾を広くしてきて自分サイズにならない~というお悩みでした

お客様のサイズから算出した結果、後巾が7寸5分(28.5cm)で肩巾9寸3分 (35.5cm) ・・・そして抱き巾が5寸6分 (21cm) という結果になりました

身巾がせまくて肩巾が広い場合は、お仕立てする際に、ちょっとしたコツが必要なんです
この寸法で・・・夏大島の全体お直しと、江戸小紋と紬単衣のお仕立てをさせていただきました

【お客様からの声】
「本日届きました。 江戸小紋、紬単衣は全くの別物になっていますね。 びっくりしました‼︎ 仕立ての大切さを感じました。 本当にありがとうございました。」 というお喜びのコメントをいただきました

お仕立てというのは、丁寧にキレイに縫うことは元より、如何に縫込みを適切に始末するかが大切だと思います・・・このような スリムな寸法のお客様、胸元のダブつきでお悩みのお客様は、ぜひ一度、ご相談ください!

カテゴリー

過去の記事