• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

仕立て替え

大阪市西成区 T.F 様 女物袴の袷仕立て

2017年05月19日

「女物袴に裏地を付けて、袷仕立てにお直ししてください」というご依頼をいただきました。
茜色(あかねいろ)から、紺藍色にかけてのグラデーションがとても美しい袴です。

元々、袷仕立ての袴はその昔、貴族の冬用として用いられ、表地は緞子や唐縞など・・・裏地は甲斐絹、八丈絹などの薄手ですべりの良いものが使われました。

袷袴は,、明治時代頃まであったそうですが、近年は二重織のしっかりした生地や袴専用の生地の登場により、袷仕立ての袴は徐々に用いられなくなったそうです。

ご注文は、「袴に裏地を付けて袷仕立てにすることにより、滑りを良くして、袴自体に重厚さを出したいのですが・・・」 という内容でございました。

【加工料金】
袷に仕立て替え/20,000円
裏地/お客様支給品

カテゴリー

過去の記事