• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

仕立て替え

大阪市阿倍野区 H.T 様 名古屋帯から文化帯へ

2017年01月31日

仏教美術の代表的なデザインの「葡萄唐草」に、「鳳凰」を組合せた銀の引き箔(ひきはく)の帯です。
鳳凰は、古来中国より麒麟(きりん)、龍と共にと言われる伝説上の生き物で、平和で幸せな世界が実現される時=太平の時に現れるとして、「平和の象徴」とされてきました。

「古い帯ですので切っても構いません・・・締め易いように、しっかりとした帯芯に取り替えて、文化帯に仕立て替えてください。」というご依頼でした。

帯を切りますので、あらかじめ、着用される方の身長や胴回り、お好みの大きさや形などをお聞きしてお仕立てします・・・切るタイプにはこのような差し込み用のステーが付きます。

文化帯はかさ張るため保管が大変ですが、当店では専用箱にお入れして納めさせていただきます。

カテゴリー

過去の記事