• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

仕立て替え

東京都足立区 N.B 様 名古屋帯から文化帯へ

2017年01月17日

「いただきました名古屋帯ですが、少し傷みもあり、傷みが隠れるように作れたら、嬉しいです」 というご依頼をいただきました。

お送りいただきました名古屋帯を拝見しましたところ、かなりの痛みや擦り切れがありましたので、まずは帯芯を抜いて、帯のサイドをカットして、表と裏を縫い直しました。

 

今回は切るタイプの文化帯になりました。
文化帯は、あらかじめ、着用される方の身長や胴回り、お好みの大きさや形などをお聞きしてお仕立てします・・・切るタイプにはこのような差し込み用のステーが付きます。

仕立て替えを担当しましたスタッフの帯職人さんのお話しでは、表地のコンディションや帯芯の変色具合などからして、この帯は恐らく100年近く経ったモノだということでした。

文化帯はかさ張るため保管が大変ですが、当店では専用箱にお入れして納めさせていただきます。

 

カテゴリー

過去の記事