• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

お仕立て 婚礼

引き振袖のお仕立て in Summer Vol.2

2016年09月08日

着物お仕立て&お直し.com、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございます

他のお仕立てやお直しの作業の合間をぬって、少しづつ作業を進めてきました引き振袖のお仕立ても、いよいよ後半です・・・裾を縫って裾綿を入れていきます
白い矢印部分が「褄=つま」と呼ばれる先端の部分です

裏側から見ると、このような感じになっています
専門的になりますが、表地よりも大きな裏地=八掛を「いせ込み」ながら縫うことにより、褄先から裾全体にかけて膨らんだような丸味になります

イラストで説明すると、このような感じになります

次に、一日がかりで撚った裾綿を入れていきます

今回の裾綿は1寸(約3.8cm)です・・・ムラにならないように太さを確かめながら、とじていきます

このように均一なな感じに仕上げてきます

カテゴリー

過去の記事