• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

お仕立て

兵庫県芦屋市 M.N 様 小千谷縮/ お仕立て

2014年08月26日

「知り合いから頂いた小千谷縮なんだけれども、どのように仕立てたら良いでしょうか?」というご相談をお受けいたしました。
「天然素材をカジュアルに着こなしたいし・・・夏は汗でぐっしょりになってしまうので、洗濯機でガラガラ洗えるようにしたい!」というご要望でしたので、ウオッシャブル仕様のお仕立てをご提案いたしました。

ウォッシャブル仕様のお仕立ては、まず、水で洗っても縮まない糸で縫います。
仕立て方は、背縫いは背伏せを付けたらグチャグチャになるので・・・袋縫い、衿裏も縮んではいけないので狂いの少ない絹交織を使います。
腰揚げの縫込みは洗濯機で洗うことを考えて、くけません・・・つまり、縫込みをフリーな状態にしておくのです。

 

手揉みによりできる、シボと呼ばれる布面の波状のシワが特長で、爽やかな感触の生地となり、これが世界一涼しいと言われるゆえんです。

カテゴリー

過去の記事