• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

お仕立て 訪問着、付下げ

付下袷衣/お仕立て 大阪府八尾市 Y.H 様

2019年10月28日

着物お仕立て&お直し.com、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございます
日本の伝統文様には、美しい自然と豊かな四季を題材にしたものが数多くあります
今回のご依頼のお着物は友禅作家の岡本幸治氏が手掛けた「茶屋辻文様」の付下げです・・・茶屋辻文様といっても、ピンとはこない方が多いと思います
茶屋辻文様とは、徳川家の御用達商人であった「茶屋四朗次郎」によって描かれた、涼やかな水辺の風景を意匠化した文様で、当時、裕福な町民たちが着用した、「辻」とよばれる夏の麻着物にこうした風景文様が描かれていました
そして文様の際に糊を置いて染色する技法が発明され、より精細な文様表現ができるようになり、この技法は「茶屋染」と呼ばれ、人気を博しました
この技法がのちに友禅染めとなっていくわけです
つまり、簡単に言うと、茶屋さんが辻と呼ばれる着物に描いた文様が「茶屋辻文様」で、その染め方を「茶屋染」と言います・・・茶屋=茶店と思われがちですが、そうではありません(笑)

カテゴリー

過去の記事