• Facebook
  • Instagram

SCROLL

お仕立て・お直し事例 キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト
「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

お仕立て 羽織、コート、道中着

千葉県市川市 J.A 様 衿を折らない道中着

2019年08月21日

着物お仕立て&お直し.com、一級和裁技能士の西澤伸弥でございます
いつもご覧下さり、ありがとうございます
去年辺りから、「当店のホームページを見たのですが・・・」とおっしゃられて、衿を折らないアレンジ衿の道中着のお問合せを、ちょくちょくいただきます

道中着とは本来、旅路のことをあらわす「道中」の衣装のことで、本来は旅装束のことでしたが、現在では、着物のように、衿を合わせて着る形のコートを差します
今回も、広衿の道中着衿を、アレンジした形に仕立てました・・・衿を折らずにそのままお召しになれます

この衿は、直線的ではなく、緩やかカーブを描いた衿で、衿の上部は曲線で狭く、下部は直線で広くなって裾まで続いています・・・このような衿姿は、胸元が優しく見えます

このカーブした衿の歴史は古く、私の師匠の話では戦後の昭和20年代に大阪の東大阪市に「つくし会」という和裁組合があり、そこの組合員だったT.T先生が考案されたと聞いております
着物の衽と衿を見えない所で接いでお仕立ていたしました・・・また、飾り紐はバイアスで仕立てて、紐の中には綿を入れて、少しボリューム感をもたせました

カテゴリー

過去の記事